適合性原則

2011年08月20日 11時38分 |


適合性の原則とは、「証券会社や銀行などの金融商品取引業者等が、顧客に対して有価証券・その他の金融商品の投資勧誘を行う場合に、顧客の投資に関する知識・経験および資産の状況、投資の目的を十分に把握するとともに、当該顧客の意向や実情に適合した勧誘を行わなければならない」というものです。これは金融商品取引法をはじめ、日本証券業協会の規則や投資信託協会の規則などによって定められており、有価証券その他の金融商品を販売する者は、この原則を遵守しなくてはなりません。
では、金融商品の購入を検討している者の立場から、この適合性の原則を考えてみるとどうでしょう?
これら4つのポイントを十分に把握できれば、あなたの想いに合った金融商品を選択する権利を得たということではないでしょうか。
それでは、投資に関する知識はどうやって身につけますか?経験はどのようにして積みますか(損失という高い代償を支払って??)?
また、何のために資産を殖やしますか?
次回、これらについてお話していきたいと思います。

カテゴリー: | コメント 0件