生命保険料控除の変更点

2012年11月13日 9時43分 |

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

いきなり話が逸れますが、なぜ人は年齢を重ねるにつれて時間の経過を早く感じるのかというと、4歳の子どもにとっての1年間よりも40歳の大人にとっての1年のほうが、相対的な割合が低いので1年1年を短く感じるのだそうです。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

いきなり話が逸れますが、なぜ人は年齢を重ねるにつれて時間の経過を早く感じるのかというと、4歳の子どもにとっての1年間よりも40歳の大人にとっての1年のほうが、相対的な割合が低いので1年1年を短く感じるのだそうです。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

カテゴリー: | コメント 0件

メンタルヘルスマネジメント

2012年11月13日 8時56分 |

あなたは『メンタルヘルス』という言葉を聞いた事がありますか?

この言葉を聞いた事がない方でも、メンタル
(精神的な)のヘルス(健康)だから、おおよそ察しがつくかと思います。

世界保健機関(WHO)は先月、世界で少なくとも3億5千万人が精神疾患であるうつ病の患者とみられるとの統計を発表しました

これは、大人の100人に5人がうつ病患者であることを意味します。

WHOはストレスの多い日本などの先進国だけでなく、発展途上国でも精神疾患患者の増加が目立つとしています。

また、日本国内でみると1996年には43万3千人だったうつ病など気分障害の患者数は2008年に104万1千人に増加しており、もはや他人事ではありません。

企業においても、従業員のメンタルヘルスに配慮する義務(安全配慮義務)があり、大企業・中小企業を問わず対策を講じる必要があり、もしその対策を怠ったために、労災事故が発生した場合、多額の賠償責任が企業側に発生することもあります

このような新たな、企業リスクを効率的にマネジメントするのも、ご家庭のリスクマネジメントと同じ手順です

①どこにリスクが潜んでいるのかを見つけ出す

②どうやったら、その発見したリスクを予防できるか検討

③予防できず起こってしまった場合、会社は持ちこたえられるか?

④耐えられないリスクは、保険などを使って社外に移転を検討

時間が経てば、環境が変わります。

環境が変われば、我が家(社)のリスクマネジメントのポイントも変わります。

いつ何が起きても準備万端であるために、

会社も家計も、年に一度はリスク診断が必要です

コメント 0件