原材料高騰≠販売価格UP

2011年05月12日 7:04 am |

昨日は、私の前職時(足場屋さん)にお世話になった建設会社の現場監督さんがこの度、異動となり営業となったため、私の同級生であり不動産・設計会社を経営している㈱フィールドハウス(http://field-house.co.jp/)さんの社長をご紹介しました。
お二人のお話で一番印象に残ったことは、5年前と比べて建物の主要な原材料である「鉄筋」や「コンクリート」の価格が約2倍になっているが、その原材料のアップ分はオーナーへの価格転嫁は進まず、ほとんどが建設会社や設計会社が吸収しているとのこと。
さらに今後、広島などの地方都市ではモノが建たない状況が続くと予想されることから、売り上げダウンや利益ダウンが避けられない。
その中でも生き残っていけるよう様々な工夫が必要だし、新たな発想の転換も必要だという話があり、とても感慨深くお話を聞かせていただきました。

コメントを残す