生命保険料控除の変更点

2012年11月13日 9:43 am |

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

いきなり話が逸れますが、なぜ人は年齢を重ねるにつれて時間の経過を早く感じるのかというと、4歳の子どもにとっての1年間よりも40歳の大人にとっての1年のほうが、相対的な割合が低いので1年1年を短く感じるのだそうです。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

いきなり話が逸れますが、なぜ人は年齢を重ねるにつれて時間の経過を早く感じるのかというと、4歳の子どもにとっての1年間よりも40歳の大人にとっての1年のほうが、相対的な割合が低いので1年1年を短く感じるのだそうです。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

もう11月も半ばを向かえ、今年もあとわずかとなりました

本当に年を取ればとるほど時間の経つのはあっという間ですね。

サラリーマンの方にとっては、もうすぐ年末調整の時期ですが、少し変更点があります。

それは 生命保険料控除

平成23年12月までに契約した場合、所得税の場合、一般生命保険料控除の5万円と個人年金保険料控除の5万円のトータル10万円が課税所得から控除されました。

それに対し、平成24年1月1日以降の契約は、一般生命保険料と個人年金保険料の控除が各4万円と減額となりましたが、介護医療保険料控除4万円が新設され、合計12万円に拡充されました(個人住民税は7万円のまま)。

介護医療保険料とは、簡単に言えば医療保険のことです。

社会保険、税制、公共サービス・・・私たちの暮らしのしくみは常に変化しています。

その変化を敏感にキャッチし、対応できれば今よりも快適な生活を送ることが出来るはずです。

コメントを残す